スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車日記パート1

ブログランキングが大変です!
応援をお願いします!!
人気ブログランキングへ



こんにちは、HREです。


今日は不動産以外ネタで。



先々週土曜日に車いじりました。と言っても自分のではなく友達の車です。

朝8時に電話が鳴り、「今日アウトレット交換するから手伝って。」と軽くお願いが。

(ちなみにアウトレットとはタービンのすぐ後に付いている排気ガスを流す配管で、ここを太くスムーズにすると排気ガスの流れが良くなりレスポンスと高回転でのパンチが段違いになります。)


こんなやつです。
IMAG0011.jpg





奴の車は90ツアラーですが、私は過去に一度もいじった事が無かったので、シルビア程度の感覚で了解しました。

場所は家の庭です。

しかも作業後には深夜のドライブの予定も入っています。





そしてエンジンルームを見て愕然としました。


かなり配管などが入り組んでいて、しかもタービンとアウトレットを固定しているネジがどう見ても外れそうにありません。


悩みましたが、時間が勿体無いので作業を開始します。



作業としては

1.タービンに繋がる邪魔な配管を外す。
2.冷却水を抜く。
3.純正アウトレットを緩める。
4.プライマリータービンを外す。
5.セカンダリータービンを緩める。
6.純正アウトレットを外す。
7.社外アウトレットを取り付ける。

後は逆の順番で取り付ければOKです。


更に今回は車検後なのでマフラー交換と車高ダウンまで一緒です。


後で聞きましたが、この作業を頼むと10万円コースだそうです。(汗



さくさくと2.までの作業を進めます。

そして純正アウトレットを外すのですが、やはり手の入らない所のナットで苦戦しました。


赤丸の所の裏にナットがあります。
IMAG0006.jpg


ちょっと角度を変えてエンジンの頭越しに見るとかすかにナットの端が見えました。
IMAG0007.jpg



メガネやスパナ、ラチェットなどいろんな工具を駆使して何とか緩めます。

次にプライマリータービンを外し、セカンダリータービンを緩めると遂に純正アウトレットが外れました。

IMAG0008.jpg




しかしこの時既に夕方5時・・・、気が付いたら昼ごはんも食べずに8時間も作業してました。

深夜のドライブまで5時間しかありません・・・。



こっから猛ダッシュです。



外した逆の順でサクサクと取り付けていきます。

しかし後で排気漏れや冷却水漏れは嫌なので締付だけはしっかりと確認しました。


アウトレットtプライマリータービン取り付けたところ。
IMAG0012.jpg



そして何とかアウトレットとマフラーを交換し終えたのが夜9時、そこから車高を走れる状態へ戻します。



そんなこんなで何とか10時に作業完了です。

凄く汚れているので風呂だけ入って待ち合わせすることにしました。





長くなりすぎましたので、続きは次回にします。





ブログランキング参加中、応援をお願いします!!
人気ブログランキングへ

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

首元のオシャレ、あなたはどんな巻き方?

マフラーの恋しい季節が近づいてきましたね。マフラーをどう巻いたらよいのか悩んでいる男性も多いようです。今年の冬は、流行の巻き方でバッチリ決めてみませんか?

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

HRE investment

Author:HRE investment

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブログランキング
人気ブログランキング参加中 
応援よろしくお願いします! 人気ブログランキングへ

健美家のランキングです。
こちらもお願いします!
リンク
空室対策アンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。